ピルはセックスの避妊だけでなくバストアップ効果も?

ピルといえば、基本的にはセックスの際に望まない妊娠をしないために、女性が男性にコンドームの装着を求めなくても確実に避妊できる方法の一つです。

生理周期は28日間として、ピルは生理期間の7日間は薬を飲まず、それ以外の21日間はずっと飲み続けることで避妊効果を発揮させます。

ちなみに、セックスの際の避妊に失敗した時に飲むアフターピルという緊急避妊薬がありますが、それは毎日飲むものではありません。

ピルは、避妊効果以外にも女性の体の不調を軽減したり、がん予防などの病気予防にも役立ちます。

それだけでなく、バストアップにも効果があるということをご存知でしょうか?

なぜ、ピルを服用することがバストアップになるのかというと、ピルは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれており、それを体内に入れることで強制的に体を妊娠した状態に保つのです。

そのため、女性ホルモンの量が体内に増えるため、バストアップにも効果が期待できるという仕組みです。

また、生理痛の重い症状や、生理前にホルモンバランスが乱れることによって起こるPMSなどの症状も軽減するため、ピルは女性の体にとって非常に良い影響を与えてくれると言えます。

ただ、一つ気をつけなくてはいけないことは、さらにバストアップを期待しようと、バストアップサプリなどを一緒に併用することは、あまり良くない影響がありますので避けましょう。

女性ホルモンが減少すると、骨粗鬆症になったり肌や髪に潤いやハリがなくなったりしますが、過剰に摂取するのは健康被害が出る可能性が高くなるのです。

セックスの際の避妊だけでなく、バストアップや女性の体の不調にも有効なピルをうまく利用しながら、快適な生活を送れるように心がけたいですね。