ピルやノルレボによる効果は生理前や生理後などで違う?

避妊する方法には、ピルを服用する方法や、コンドームを使用する方法など、いろいろあります。避妊法の多くは、性行為の前や性行為中に妊娠をしないようにするものです。しかし、コンドームが破れていたり、何も避妊せずに性行為した後に、やはり妊娠するのを防ぎたいと言う場合もあります。そんな場合には、緊急避妊法というものがあります。かつては、ピルを性行為後72時間以内に服用し、その後、さらに12時間後に服用するという方法が一般的でした。しかし、最近では、このピルを服用する方法以外に、緊急避妊のための薬が開発されています。ノルレボという名前の薬がそれにあたります。
ノルレボは、黄体ホルモンが成分の薬です。生理後、一定期間が経つと排卵日がきます。この時期に子宮内に精子が存在すると、妊娠する確率が高くなります。卵子は受精すると、子宮の内壁に着床します。これが妊娠です。排卵後、一定期間妊娠しなかった場合には、生理が起きます。そして、生理後には再び子宮は妊娠できる状態へと準備を始めます。
生理は、ホルモンの値の変化などによって起きます。ノルレボは、このホルモンの値を人為的に作ることによって、生理になる状態を作りだし、妊娠を防ぎます。性行為後、72時間以内に服用するのが望ましいとされています。服用後、生理のような出血が見られれば、妊娠していないということになります。服用していから出血が見られるまでの期間は、生理前や生理後など、服用した時期によっても変わります。ノルレボは、吐き気や頭痛などの副作用も少ないとの結果があり、現在では緊急避妊法の一つとして知られるようになっています。服用は、できるだけ早い方が効果が期待できます。